コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源勝 みなもとの まさる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源勝 みなもとの-まさる

?-886 平安時代前期,嵯峨(さが)天皇の皇子。
母は惟良(これよし)氏。臣籍にはいり,源姓となる。嘉祥(かしょう)2年(849)従四位上。まもなく出家して竹田禅師と称された。仏典に通じ,老荘の思想をこのんだという。仁和(にんな)2年7月4日死去。法名は由蓮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源勝

没年:仁和2.7.4(886.8.7)
生年:生年不詳
平安前期の官人,学僧。法名は由蓮。竹田禅師と称される。嵯峨天皇の皇子で母は惟良氏(または大原氏)出身の娘。源朝臣の姓を賜る。天長10(833)年,摂津国百済郡(大阪市)の荒廃田27町を与えられ,嘉祥2(849)年,一族の多らとともに無位から従四位上に。間もなく俗世を嫌って出家。聡明な性格で仏典に通じ,老荘思想にも明るかった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源勝の関連キーワードバシレイオス[1世]バシリウス1世ステファヌス5世(6世)バシリカ法典フォティオスみなす地域おこし協力隊讃岐国府神舞(かんまい)大江朝綱

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源勝の関連情報