コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源勤 みなもとの つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源勤 みなもとの-つとむ

824-881 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天長元年生まれ。嵯峨(さが)天皇の皇子。母は大原全子。源融(とおる)の同母弟。臣籍にはいり,源姓となる。貞観(じょうがん)12年(870)参議。右兵衛督(うひょうえのかみ),近江守(おうみのかみ),右衛門督をかね,17年従三位。西七条宰相とよばれた。元慶(がんぎょう)5年5月16日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源勤の関連キーワード広瀬陽子ルイ3世エウゲニウス2世慧子内親王学習漢字基兄王林哲也三宅奈緒子辻裕子嵯峨天皇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android