コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源国信 みなもとの くにざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源国信 みなもとの-くにざね

1069-1111 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
延久元年生まれ。源顕房(あきふさ)の子。母は藤原良任の娘。承徳(じょうとく)2年(1098)参議。のち正二位,権(ごんの)中納言となった。坊城中納言とよばれる。堀河天皇の側近で,源俊頼(としより)とともに「堀河院御時(おんとき)百首和歌」の成立にかかわった。「金葉和歌集」以下の勅撰集に37首はいっている。天永2年1月10日死去。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源国信

没年:天永2.1.10(1111.2.19)
生年延久1(1069)
平安後期の貴族,歌人。右大臣源顕房と美濃守藤原良任の娘の子。坊城中納言と号す。承徳2(1098)年参議,康和4(1102)年権中納言。堀河天皇周辺の歌壇を構成する,当代の代表的歌人のひとり。

(上杉和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源国信の関連キーワード令子内親王藤原基俊藤原基実堀河百首藤原基房近衛基実没年公卿

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android