源宗于(読み)みなもとの むねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源宗于 みなもとの-むねゆき

?-940* 平安時代中期の官吏,歌人。
是忠親王の王子。光孝天皇の孫。源姓をあたえられ,臣籍にはいる。正四位下,右京大夫。三十六歌仙のひとりで,歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に15首はいっている。天慶(てんぎょう)2年11月23日死去。家集に「宗于集」。
【格言など】山里は冬ぞ寂しさまさりける人目も草もかれぬと思へば(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源宗于

没年:天慶2.11.22,23(940.1.4,5)
生年:生年不詳
平安時代歌人三十六歌仙のひとり。光孝天皇の孫,是忠親王の子。寛平6(894)年,従四位下となり,源姓を賜り臣籍に下る。諸国などを歴任し,正四位下右京大夫に至る。官途には恵まれず,『大和物語』にはその不遇を嘆く話などがみられる。 寛平御時后宮歌合以下6度の歌合に出詠し,『古今集』以下の勅撰集に15首入集。家集に『宗于集』(その歌は9首であとは他人の歌)があり,紀貫之との贈答歌が含まれている。「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(『古今集』)の歌が,百人一首に採られている。

(浅見緑)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのむねゆき【源宗于】

?~939 平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。是忠親王の子。正四位下右京大夫。「大和物語」に不遇を嘆く歌を残す。「古今和歌集」以下の勅撰集に一五首入集。家集「宗于集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みなもと‐の‐むねゆき【源宗于】

平安時代の歌人。光孝源氏。是忠親王の子。右京大夫四位下。三十六歌仙の一人。家集「宗于集」。「古今集」に六首、「後撰集」に三首、「新勅撰集」以下に六首入集。天慶二年(九三九)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android