コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源恭義 みなもと やすよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源恭義 みなもと-やすよし

?-1856 幕末の画家。
狩野永泰,岡田為恭(ためちか)に師事。嘉永(かえい)のころ堺の少林寺町,のち南宗寺にすんだ。安政3年11月5日自殺。和泉(いずみ)(大阪府)出身。姓は細川。通称は寸三郎。号は積翠,欧汀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源恭義の関連キーワード川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)恵美須ヶ鼻造船所跡大森安仁子シドモアディクソンノットブリガムマードックマイル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android