コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏物語奥入(読み)ゲンジモノガタリオクイリ

百科事典マイペディアの解説

源氏物語奥入【げんじものがたりおくいり】

鎌倉初期の《源氏物語》注釈。1巻。藤原定家著。《源氏物語》の初期の注釈書としては《源氏釈》に続くものである。もと《源氏物語》の書写本の巻末に付された注釈を集めたものであるために,この称がある。語句の注釈は簡略だが,《源氏釈》を踏襲しつつ,故実や史実の考証を一歩進めている。《源氏物語》の世界に心酔し,その本文校訂にも携った藤原定家の〈源氏〉理解を知る上でも貴重な資料。
→関連項目無名草子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android