コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏物語奥入 ゲンジモノガタリオクイリ

百科事典マイペディアの解説

源氏物語奥入【げんじものがたりおくいり】

鎌倉初期の《源氏物語》注釈。1巻。藤原定家著。《源氏物語》の初期の注釈書としては《源氏釈》に続くものである。もと《源氏物語》の書写本の巻末に付された注釈を集めたものであるために,この称がある。
→関連項目無名草子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

げんじものがたりおくいり【源氏物語奥入】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

源氏物語奥入の関連キーワード奥入

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android