コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源能有 みなもとの よしあり

2件 の用語解説(源能有の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源能有 みなもとの-よしあり

845-897 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)12年生まれ。文徳(もんとく)天皇の皇子。母は伴氏。臣籍にはいり,源姓となる。貞観(じょうがん)14年(872)参議。寛平(かんぴょう)2年正三位,8年右大臣となり,東宮傅(ふ),左近衛(さこんえの)大将を兼任。「日本三代実録」編修の筆頭者だったが,完成前の寛平9年6月8日死去。53歳。贈正二位。近院(こんいん)大臣と称された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源能有

没年:寛平9.6.8(897.7.11)
生年:承和12(845)
平安前期の公卿。近院大臣と称される。正三位。文徳天皇の第1皇子で母は伴氏の娘。仁寿3(853)年,源氏姓を賜って臣籍に下った賜姓源氏。貞観14(872)年28歳で参議となり,寛平8(896)年右大臣に昇進。その間に検非違使別当,皇太子傅,左近衛大将を兼務。中納言であった46歳のとき同年齢の菅原道真宅の竹を所望して移植したことが『菅家文草』にみえる。和歌をよくし,また宇多天皇の命を受け『三代実録』編纂の筆頭に据えられたが,同じ編纂にかかわった道真同様完成をみずに死去。死後正二位を追贈された。娘に清和天皇の女御となった厳子(温明殿女御),摂関藤原忠平の妻となり師輔を生んだ昭子がいる。邸宅は平安京左京にあった近院(松殿)。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源能有の関連キーワード藤原良経源俊房今出川兼季花山院定煕鷹司兼輔鷹司政平洞院公守洞院実泰藤原恒佐源雅通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone