コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源資通 みなもとの すけみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源資通 みなもとの-すけみち

1005-1060 平安時代中期の公卿(くぎょう),雅楽家。
寛弘(かんこう)2年生まれ。宇多源氏,源済政(なりまさ)の子。寛徳元年(1044)参議,のち従二位。管弦にすぐれ,源経信に琵琶(びわ)をおしえた。和歌もよくし,伊勢大輔(たいふ),菅原孝標女(たかすえの-むすめ)らと交遊があった。康平3年8月23日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源資通の関連キーワード源政長源師賢相摸寛弘公卿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android