(読み)えだ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ツリー構造における、分岐のこと。各節から分岐する枝が2本以下の場合は、2分木となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

え【枝】

草木のだ。「」「下(しずえ)」
「槻(つき)の木のこちごちの―の春の葉の」〈・二一〇〉

えだ【枝】

[名]
茎や幹から分かれて出た部分。葉をつけたり、さらに小枝を出したりする。「もたわわに実がなる」
本(もと)となるものから分かれて出たもの。「道」「話の葉」
子孫。一族。うから。
「今に―広ごり給へり」〈大鏡・道長上〉
人間や獣の手足。四肢(しし)。
「其の―を引き闕(か)きて」〈・中〉
[接尾]《贈り物を木の枝につけて差し出したところから》助数詞。贈り物を数える語。
「雉(きじ)一―奉らせ給ふ」〈・行幸〉
[下接語]打ち枝上(うわ)枝折り枝枯れ枝小枝小(さ)枝下枝作り枝釣り枝役枝連理の枝

し【枝】

[接尾]助数詞。細長い物を数えるのに用いる。「長刀(なぎなた)一

し【枝】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]えだ
学習漢字]5年
〈シ〉
木のえだ。「枝葉樹枝分枝楊枝(ようじ)
分かれ出たもの。「枝族連枝
〈えだ〉「枝葉枝道小枝
[名のり]え・しげ・しな
[難読]枝折(しおり)下枝(しずえ)枝垂(しだ)れ上枝(ほつえ)

よ【枝】

えだ。一説に、花びらとも。
「この花の一―の内に百種(ももくさ)の言(こと)そ隠(こも)れるおほろかにすな」〈・一四五六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えだ【枝 branch】

シダ植物や顕花植物の茎は枝分れをするが,1本の茎が分枝して2本以上の茎になるとそれを枝という。日常的には,樹木において1本の太い主茎つまり幹から分枝した枝やそれからさらに分枝した小枝のことを指す。広義には,植物体が分枝によって生じる軸状構造を意味し,茎葉体制をもつコケ植物や,器官が未分化で細胞が連結しただけの糸状または軸状構造をもった藻類のようなものにまで広げて用いられる。一般的には枝が生じることによって,植物体は大きさを増し,さまざまな生理的活動を営むに必要な体表面積の増大を図る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

え【枝】

えだ。 「梅が-」

えだ【枝】

[0] ( 名 )
植物の主幹から分かれた茎。側芽や不定芽の発達したもの。 「 -が茂る」
ものの本体・本筋から分かれ出たもの。 「本筋からはずれた-の話」
からだの手や足。四肢。 「 -を引き闕きて/古事記 中訓
一族。子孫。 「北家のすゑ、いまに-ひろごり給へり/大鏡 道長
( 接尾 )
助数詞。
木の枝を数えるのに用いる。 「一-の梅」
細長い物を数えるのに用いる。 「長持三十-/平家 10
〔昔、贈り物を木の枝に添えて差し出したことから〕 贈り物を数えるのに用いる。 「雉一-奉らせ給ふ/源氏 行幸

し【枝】

( 接尾 )
助数詞。細長い物を数えるのに用いる。 「長刀一-」

よ【枝】

えだ。一説に、花びらの意ともいう。 「この花の一-のうちは百種の/万葉集 1457

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えだ
branch

広義には軸と分枝の関係によって生じた構造で,この意味では菌類や藻類などにもみられる。狭義には多年生維管束植物の幹から分れた茎をいう。節間生長の有無によって,長枝短枝の区別が生じる。二叉分枝単軸分枝仮軸分枝などの様式がある。


えだ
branch

(1) 曲線のグラフに関して ある関数の曲線のグラフが2つ以上の部分から成るとき,そのおのおのの部分をその曲線の枝という。たとえば y= tan x のグラフ (正接曲線) は,πを周期とする周期関数であるから,x 軸を点…,-2π ,-π ,0,π ,2π ,…で分けた区間ごとに定まる無数の枝をもつ (→三角関数 ) 。 (2) 陰関数に関して 陰関数 f(xy)=0 では,変数 x に対応して変数 y の値が定まるが,このとき変数 y の値が2つ以上定まれば,そのおのおのを陰関数 f(xy)=0 の枝という。たとえば x2y2-1=0 では, となり,1つの x に対して y は2つ定まるので,枝は2つである。 (3) たとえば log z のような複素多価解析関数 f(z) を,そのリーマン面上のある小範囲に限定して1価関数とみなしたとき,それを f(z) の1つの枝と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


えだ

植物体を構成している軸状の部分が単一でなく何本かに分かれているとき、それらのうち主軸でないものを枝という。主軸から枝が生じることを分枝といい、これにはいくつかの形式がある。もっとも狭い意味の枝は、維管束植物の苗条(びょうじょう)が分枝したものに限られるが、広い意味では、主根から出た側根や太い葉脈から分かれた細い葉脈も含められ、さらにコケ植物や藻類の葉状体や菌類の菌糸にも適用される。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

え【枝】

〘名〙 (「え」は元来ヤ行のエ) =えだ(枝)(一)(一)
古事記(712)下・歌謡「百足る 槻が(エ)は 上(ほ)つ延(エ)は 天を覆(お)へり 中つ延(エ)は 東を覆へり 下(し)づ延(エ)は 鄙を覆へり」

し【枝】

[1] 〘名〙
① えだ。幹から分かれたくき。または、えだ分かれ。
② 棰(たるき)の心から心までの距離(棰幅と間隔との和)を一枝という。近世の建築は一枝を単位として柱間、軒の出などをその整数倍とし、何枝と数える。
※匠明(1608‐10)塔記集「三重塔之事、〈略〉一、檐、大のき六枝可打、但七枝か吉、小簷五枝可打」
[2] 〘接尾〙 細長いものを数えるのに用いる。
※延喜式(927)一七「塗赤漆御膳櫃六合。〈略〉幕柱二枝。桁一枚〈長一丈五尺五寸〉幔柱廿四枝〈各長八尺六寸〉料」

よ【枝】

〘名〙 「え(枝)」の変化した語。また、一説に、花びら、花弁とも。
※万葉(8C後)八・一四五六「この花の一与(ヨ)のうちに百種の言そ隠れるおほろかにすな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枝の関連情報