コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源重光 みなもとの しげみつ

2件 の用語解説(源重光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源重光 みなもとの-しげみつ

923-998 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
延長元年生まれ。代明(よりあきら)親王の王子。母は藤原定方の娘。臣籍にはいり,源姓となる。醍醐(だいご)源氏。正三位にすすみ,正暦2年(991)権(ごんの)大納言。翌年娘婿の藤原伊周(これちか)に職をゆずり,致仕大納言とよばれる。歌は「後撰和歌集」などにあり,楽曲にもすぐれていた。長徳4年7月10日死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源重光

没年:長徳4.7.10(998.8.4)
生年:延長1(923)
平安中期の公卿。正三位。醍醐天皇皇子の代明親王右大臣藤原定方の娘の子。賜姓源氏。康保1(964)年参議となり,検非違使別当などを兼務し,正暦2(991)年69歳で権大納言に進んだ。翌年この地位を女婿の権中納言藤原伊周に譲った。「致仕大納言」の呼称はこれによる。病死した翌年,弟保光の建立した松前寺(円明寺)において周忌法要が営まれた。音楽に通じ「重光楽」という曲を作っている。和歌をもよくし勅撰集に数首採られている。平安京の一条大宮の東北に邸宅があった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源重光の関連キーワード梅渓通仲大原栄敦三室戸資順西洞院範篤沢宣維藤原公季藤原貴子源清蔭源清鑒源近善

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone