コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼房 みなもとの よりふさ

1件 の用語解説(源頼房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼房 みなもとの-よりふさ

?-? 平安時代中期の武人。
源頼親(よりちか)の次男。大和源氏。加賀,肥前などの国守を歴任し,従五位下となる。永承5年(1050)興福寺僧徒との争いにより,隠岐(おき)に流された。のちゆるされたが,承保(じょうほう)3年(1076)山門の訴えで肥前に配流,その地で死去。荒加賀とよばれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

源頼房の関連キーワード卜部季武安倍千世童子碓氷貞光河野好方源仲正源頼清源頼季源頼俊源頼治源頼弘