源顕基(読み)みなもとの あきもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源顕基 みなもとの-あきもと

1000-1047 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
長保2年生まれ。源俊賢(としかた)の長男。藤原頼通(よりみち)の養子後一条天皇にあつく遇され,従三位,権(ごんの)中納言にすすむ。天皇の死により,長元9年(1036)二君につかえずとして出家。風流貴公子とつたえられ,説話がおおい。永承2年9月3日死去。48歳。法名円照

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android