コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源顕基 みなもとの あきもと

1件 の用語解説(源顕基の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源顕基 みなもとの-あきもと

1000-1047 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
長保2年生まれ。源俊賢(としかた)の長男。藤原頼通(よりみち)の養子。後一条天皇にあつく遇され,従三位,権(ごんの)中納言にすすむ。天皇の死により,長元9年(1036)二君につかえずとして出家。風流貴公子とつたえられ,説話がおおい。永承2年9月3日死去。48歳。法名は円照。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源顕基の関連キーワードX線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技K末法思想鋳物尺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone