コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準住居地域 ジュンジュウキョチイキ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐じゅうきょちいき〔‐ヂユウキヨチヰキ〕【準住居地域】

都市計画法で定められた用途地域の一。道路沿道特性に適した業務の利便性を増進しながら、住居の環境を保護するために定められる地域。住宅のほか、1万平方メートル以下の店舗・事務所、小規模の倉庫住環境を悪化させない小規模工場などの建設が認められる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

準住居地域

都市計画法上、都市計画区域に適用される用途地域の一つ。道路の沿道としての地域特性にふさわしい業務の利便を図りつつ、これと調和した住環境を保護するために定められた地域。建築基準法上では同地域に建築してはならない建物の用途が規定されている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

準住居地域の関連キーワード建ぺい(蔽)率住居地域建坪率

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android