準宇宙線(読み)じゅんうちゅうせん(英語表記)subcosmic ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準宇宙線
じゅんうちゅうせん
subcosmic ray

宇宙線のうちエネルギーが数千 eVから数億 eVまでのもの。太陽宇宙線もこのエネルギー領域に入るが,通常は銀河系内空間にあるものをさす。エネルギーが低いため,太陽風磁場に妨げられて惑星間空間へ侵入できないので,直接観測はできない。超新星のほか脈動星や磁変星など表面活動の盛んな天体からも放出される。星間ガスとの衝突による加熱星間塵の加熱や損傷,星間原子や星間分子励起などを起すと予想されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android