溜飲が下がる(読み)りゅういんがさがる

精選版 日本国語大辞典「溜飲が下がる」の解説

りゅういん【溜飲】 が=下(さ)がる[=下(お)りる]

胸がすっきりする。不平・不満が解消して気が晴れる。せいせいする。
※歌舞伎・黒手組曲輪達引(1858)二幕「折角旦那の御意見も、何と脇を附けなさるかと、実は和尚も案じて居たがこれで溜飲が下(サガ)った、げエい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「溜飲が下がる」の解説

溜飲(りゅういん)が下(さ)が・る

不平・不満・恨みなど、胸のつかえがおりて、気が晴れる。「試合に勝って―・った」
[補説]「溜飲が晴れる」は誤り。→溜飲を下げる補説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android