コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅びる/亡びる ホロビル

デジタル大辞泉の解説

ほろ・びる【滅びる/亡びる】

[動バ上一][文]ほろ・ぶ[バ上二]
なくなる。絶える。滅亡する。「国が―・びる」
すたれる。衰亡する。
「いと異様(ことやう)に、―・びて侍るなれば」〈・一八五〉
死ぬ。
「其の人の―・びたらば其の国はあきなん」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

滅びる/亡びるの関連キーワード天に順う者は存し天に逆らう者は亡ぶ始め有るものは必ず終わり有りナチュラルセレクション灯滅せんとして光を増す雌鶏歌えば家滅ぶ人は一代名は末代唇亡びて歯寒し脣亡びて歯寒し古川に水絶えず進化局限の法則玉石俱に焚く玉石倶に焚く末大必ず折る社稷墟となる四大空に帰す滅ぶ・亡ぶ朝栄暮落牝鶏晨す危急存亡自然選択

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android