コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅宗宗興 めつしゅう そうこう

1件 の用語解説(滅宗宗興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滅宗宗興 めつしゅう-そうこう

1310-1382 南北朝時代の僧。
延慶(えんきょう)3年生まれ。嵯峨(さが)源氏の子孫,尾張(おわり)(愛知県)中島氏の出身。臨済(りんざい)宗。鎌倉建長寺で柏庵(はくあん)宗意に師事し,南浦紹明(なんぽ-じょうみん)の塔を拝してその法をつぐ。尾張妙興寺をひらき,京都竜翔寺にもまねかれた。永徳2=弘和(こうわ)2年7月11日死去。73歳。諡号(しごう)は円光大照禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

滅宗宗興の関連キーワード後小松天皇シルバン・シャー国バルクーク後小松天皇アメダスAMeDAS扇ノ山オゴタイハン国宋濂帝政論

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone