滇池(読み)てんち

世界大百科事典 第2版の解説

てんち【滇池 Diān chí】

中国,雲南省中部,昆明の南にある断層陥没湖。古称南沢,昆明湖。雲南第一の湖で,面積318km2,半月形をなす。漢代,長安の南西に開削された昆明池は滇池をかたどったものである。平均水深5.5m,北部は草海と呼び1~2mにすぎない。湖面の標高1886m。コイ,フナなど水産資源が豊富。流入河川は20余,流出河川は海口河1本で,いずれも落差が大きく水力発電がさかんである。北岸には清代の大観楼があり,西岸の西山には元代の三清閣,太華寺などの建築群がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんち【滇池】

中国、雲南省の昆明こんめいの南にある湖。風光にすぐれ、漢の武帝はこれをまねて長安の南西に昆明池を造った。昆明池。ティエン-チー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


てんち / ティエンチー

中国、雲南省中部にある湖。省都昆明(こんめい/クンミン)の南郊に位置し、昆明湖、南沢ともいう。南北36.5キロメートル、東西12.8キロメートル、面積294.5平方キロメートルで、最大水深は10.2メートル。断層作用によってできた陥没湖である。湖水は南西の海口で流出して普渡(ふと)河となり金沙(きんさ)江に注ぐ。コイなどの淡水魚が多く淡水養殖が行われるほか、水資源としては、水田灌漑(かんがい)や発電にも利用される。付近に西山、竜門、大観楼などの名勝・旧跡が多い。[青木千枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android