コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陥没湖 カンボツコ

4件 の用語解説(陥没湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんぼつ‐こ【陥没湖】

陥没した所に水がたまってできた湖。多くは断層によってできたもので、琵琶湖・諏訪(すわ)湖などがある。カルデラ湖も含まれる。陥落湖。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

陥没湖【かんぼつこ】

構造湖の一つで,土地が陥没してできた湖。火山噴火によって火口を含む広い範囲が陥没してできたカルデラ湖,断層などによる地溝にたたえられた断層湖など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぼつこ【陥没湖】

断層などによって地表の陥没した所に、水がたまってできた湖。琵琶湖・諏訪湖など。また、カルデラ湖も含む。陥落湖。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone