コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋野井公寿 しげのい きんひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋野井公寿 しげのい-きんひさ

1843-1906 幕末-明治時代の公家,華族。
天保(てんぽう)14年6月4日生まれ。滋野井実在(さねあり)の長男。文久3年後醍醐(ごだいご)天皇陵攘夷(じょうい)親征の実現をいのるなど,尊攘派として活躍。慶応4年綾小路俊実とともに赤報隊の結成にかかわる。のち佐渡裁判所総督,佐渡鎮撫使(ちんぶし),甲府県知事などを歴任。明治17年伯爵。明治39年9月21日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

滋野井公寿の関連キーワード明治時代天保華族公家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android