コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝ノ上温泉 たきのうえおんせん

大辞林 第三版の解説

たきのうえおんせん【滝ノ上温泉】

岩手県岩手郡雫石しずくいし町、雫石川支流の葛根田かつこんだ川上流にある温泉。下流に鳥越滝。1978年(昭和53)運転の葛根田地熱発電所がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝ノ上温泉
たきのうえおんせん

岩手県中西部、岩手郡雫石(しずくいし)町にある温泉。岩手山の西麓(せいろく)、葛根田(かっこんだ)川上流にあり、十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園域。泉質は塩化物泉。温泉一帯は各所に高温の温泉、蒸気を噴出し、鳥越(とりごえ)ノ滝(高さ30メートル)の滝壺(たきつぼ)からは湯煙があがり、上流には日本最大級の出力(8万キロワット)を誇る葛根田地熱発電所がある。岩手山への登山口でもある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

滝ノ上温泉の関連キーワード岩手県岩手郡雫石町雫石[町]岩手山雫石川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android