コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂石 ヒョウセキ

4件 の用語解説(漂石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐せき〔ヘウ‐〕【漂石】

氷河に運ばれた岩石が、氷河の解けたあとに残ったもの。迷子石。捨て子石。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

漂石【ひょうせき】

(1)モレーンの岩塊などが氷河の流下で遠くまで運ばれ,氷河の消失によってとり残されたもの。付近の地質とは異質で孤立して存在する。(2)岩石の破片がくずれ落ちて流水の作用で下流まで運ばれたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうせき【漂石】

氷河によって運ばれた岩石が、氷河の解けたあとに残ったもの。迷子石。捨て子石。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone