コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷子石 マイゴイシ

岩石学辞典の解説

迷子石

母岩から離れて氷河の移動によって現在の地点まで輸送された岩石の塊.19世紀初めに,アルプスで大きな岩塊が非常に離れた場所に輸送された起源や輸送作用などが大きな問題となった[de Saussure : 1786, Gruner : 1806, De la Beche : 1831, Charpentier : 1835].氷河による移動を記したのはプレイフェアが最初らしい[Playfair : 1802, Charlesworth : 1957, Flint : 1971].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まいごいし【迷子石 erratics】

捨子石(すてごいし)ともいう。氷河によって運搬された岩石塊が,氷河の溶けたあとにとり残されたもの。ヨーロッパアメリカでは氷河時代に運ばれた岩石塊が数百kmも離れた所に見られる。特定の地域にしか産しない岩石の迷子石を追跡調査し,その分布状況から氷河時代の氷床の拡大方向が推察できる。【村井 勇】

まいごいし【迷子石】

行方不明の子どもを尋ねる告知板の役をつとめた石。江戸など大都会の盛場で,子どもの名を記した紙をはり,通行人に知らせたものである。日本橋川にかかる一石橋(いちこくばし)にある〈迷い子しらせ石〉は東京都旧跡に指定されているが,1857年(安政4)に西河岸町で建てられたもの。浅草寺湯島天神の境内にもあり,尋ね人の相互連絡に用いられた。【吉原 健一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷子石
まいごいし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

迷子石の関連情報