風水(読み)フウスイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

風水

中国の漢民族には万物の間に「気」が流れ、生気秩序をもたらすとの考えがあり、大地の気を人間界に取り込む技術とされる風水が発展した。気は山に沿って流れ、水にあたると止まり、風で散じるとされる。流派としては主に地形重視型の江西系と、天の運行との関連を重視する福建系がある。香港や台湾では市民生活の中で息づいてきたが、新中国成立以降の大陸では反迷信キャンペーンの影響で風水師の活動は表だってみられなくなっていた。

(2006-10-25 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

ふうすい【風水】

風と水。
その土地の地勢や水勢を占って、住居や墓地としてよいかどうかを定めるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風水の言及

【占い】より

…相占はこの外に現れたものを手がかりに(痣(ほくろ)のようなものでも重要なきめてになる),内に隠れたものを探り出す占いといえよう。その他,古代からある夢占い,時の吉凶を占う六壬(じん)・遁甲(とんこう)・太乙のいわゆる三式,風の方向や音によって吉凶を占う風角占,文字占いの測字(拆(たく)字,破字,相字),墓の地形方角と子孫の吉凶を結びつける風水,鶏の足を使う鶏卜等々,枚挙にいとまがない。このような無数の占いの底にあるものは,あらゆる事物はたがいに感応の糸によってひそかに結ばれているとする思考であろう。…

※「風水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風水の関連情報