コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂移層理 ひょういそうりdrift bedding

岩石学辞典の解説

漂移層理

英語のdriftには推進力,漂流などの意味があり,漂移と訳される場合がある[地学団体研究会 : 1996].地質的には風化して細粒化した岩石の堆積物である漂礫や,大陸氷河によって運ばれ分級せずに堆積した漂礫土などに用いられる[ランダムハウス : 1994].[Sorby : 1857].⇒斜交成層

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

漂移層理の関連キーワード斜交ドリフティングアブレーション氷礫土金子麻美藤川清香杉田純奈海流キャリアドリフト偽斜交成層リップル・ドリフトアブレーション・ドリフト

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android