コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢書芸文志 かんじょげいもんしHan-shu yiwen-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢書芸文志
かんじょげいもんし
Han-shu yiwen-zhi

中国,前漢の時代に存在した典籍を記録,分類し,当時の学風を述べた書物。『漢書』十志の一つ。前漢の劉きん (りゅうきん) が残した「七略」の分類法にならって分類している。前漢までの中国の学術を知るのに不可欠の文献。その後,これにならって5代の正史芸文志をそなえるようになった。ただし,そのうちの『隋書』と『旧唐書』は「経籍志」と称している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漢書芸文志の関連キーワード短を舎て長を取る短を捨て長を取る壁の中の書微言大義尹文子目録学申不害房中術本草学商君書王応麟鶡冠子小説家九学派六芸雑家方術蹴鞠黄老九流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android