コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜在主権(読み)センザイシュケン

大辞林 第三版の解説

せんざいしゅけん【潜在主権】

アメリカの信託統治下にあったかつての沖縄に対し、日本が潜在的にもつとされた権利。立法・行政・司法上のあらゆる権利はアメリカがもつが、領土の最終的処分権は日本に残存されるというもの。残存主権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の潜在主権の言及

【残存主権】より

…対日平和条約署名のためのサンフランシスコ会議で,アメリカの全権J.F.ダレスが,沖縄・小笠原について,アメリカは平和条約3条によって統治権をもつが,日本はなおresidual sovereigntyをもつと述べたため,注目された。〈潜在主権〉ともいうが,潜在する主権が将来顕在するというより,むしろ日本に残された主権という意味であるから,〈残存主権〉と訳すほうが適切である。ダレス自身もこの概念を明らかにしなかったが,主権から統治権を除いた権利すなわち地域の処分権が,その内容である。…

※「潜在主権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潜在主権の関連情報