コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜水カモ類 せんすいカモるいdiving ducks

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜水カモ類
せんすいカモるい
diving ducks

カモ目カモ科のスズガモ属 Aythya やアカハシハジロ属 Netta など,潜水して採食する種の総称。アカハシハジロ N. rufinaホシハジロケワタガモシノリガモミコアイサなど,世界に約 35種が分布する。体は水面採餌性カモ類に比べて短く,脚は体の後方についており後趾は平たい。陸上では体を立てて歩き,飛び立つときは水面を助走する。を半開きにして潜水し,おもに水底の貝,魚,水草を採餌する。和名は英名の訳で,おもに生活様式でこのグループを分けている。しかし,英名で diving ducksという場合には日本語訳とはやや異なり,アカハシハジロ属とスズガモ属,ウスユキガモ属 Marmaronetta のカモをさす。これらの属と生活様式が似ていても,潜水して採食するほかの属のカモは,遺伝子を調べた研究では,類縁がかなり離れていることが明らかにされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

潜水カモ類の関連キーワードキンクロハジロアイサ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android