潜水母艦(読み)せんすいぼかん

百科事典マイペディアの解説

潜水母艦【せんすいぼかん】

潜水艦伴して,その指揮をとり,燃料・弾薬・食料・水などの補給,整備,修理や,乗員休養などを任務とする艦船。今日では潜水艦の水中高速化,原子力化などにより母艦も高度の性能が要求され,原子力機関に対する整備能力,ミサイル補給施設などを備えた大型艦が建造されている。米国のハンレー(満載排水量1万8300トン),サイモン・レーク(2万2500トン)などが代表的。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜水母艦
せんすいぼかん
submarine tender

洋上,あるいは設備がない前進基地に出航して,潜水艦に対して武器,燃料,食糧などの補給や,修理を行う軍艦。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんすい‐ぼかん【潜水母艦】

〘名〙 軍艦の一種。潜水戦隊の旗艦となり、潜水艦部隊の指揮と補給にあたる。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android