コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮田千勢子 うしおだ ちせこ

2件 の用語解説(潮田千勢子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潮田千勢子 うしおだ-ちせこ

1844-1903 明治時代の社会事業家。
天保(てんぽう)15年9月21日生まれ。潮田江次は孫。明治19年東京婦人矯風会(のちの日本基督(キリスト)教婦人矯風会)の創立に参加。廃娼運動や女子授産場の開設などにとりくむ。足尾鉱毒事件では救済婦人会を組織した。36年矯風会会頭。明治36年7月4日死去。60歳。江戸出身。横浜聖経女学校卒。旧姓は丸山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮田千勢子
うしおだちせこ
(1844―1903)

社会運動家。信州(長野県)飯田(いいだ)藩侍医丸山龍眠(りゅうみん)の次女として江戸藩邸で生まれる。1865年(慶応1)同藩の潮田健次郎と結婚、3男2女をもうけた。1882年(明治15)キリスト教に受洗。1883年夫健次郎に死別し、翌1884年子女とともに上京。桜井女学校附属保母科および横浜聖純女学校を卒業し、幼児保育や伝道師として活躍。1886年東京婦人矯風会設立に参与。公娼(こうしょう)制廃止、女子授産場を開設するなど社会事業に尽くし、1897年東京婦人矯風会の会頭となる。足尾銅山鉱毒問題が起こると、1901年(明治34)鉱毒地救済婦人会を組織し、晩年は救済活動に没頭した。[吉見周子]
『五味百合子編『続 社会事業に生きた女性たち』(1980・ドメス出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮田千勢子の関連キーワード大野唯四郎奥野勘蔵金子貞子孝橋正一高島巌豊原又男長谷川良信牧野虎次水上善治横幕武良子