コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸内海環境保全特別措置法 セトナイカイカンキョウホゼントクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

せとないかいかんきょうほぜん‐とくべつそちほう〔せとナイカイクワンキヤウホゼントクベツソチハフ〕【瀬戸内海環境保全特別措置法】

瀬戸内海の環境保全を目的として定められた法律。高度成長期に急速に進行した水質・自然環境汚染を改善するため、昭和48年(1973)11月に瀬戸内海環境保全臨時措置法(時限立法)として施行。昭和53年(1978)に富栄養化対策などを含む改正が行われ、恒久法となった。工場などの特定施設に対する規制・富栄養化による被害防止・化学的酸素要求量(COD)の総量規制など指定物質の削減・自然海浜の保全などについて定めている。瀬戸内法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の瀬戸内海環境保全特別措置法の言及

【瀬戸内海】より

…一般的には友ヶ島水道(紀淡海峡),鳴門海峡,豊予海峡,関門海峡の4海峡(瀬戸)によって外海と隔てられた内海を指し,この範囲での島(満潮時の周囲0.1km以上)の数は約700(うち有人島は約150)である。瀬戸内海環境保全特別措置法では,南は和歌山県日ノ御埼(ひのみさき)~徳島県蒲生田(かもだ)岬を結ぶ線,愛媛県高茂岬(こうもざき)~大分県鶴御崎(つるみさき)を結ぶ線,北は山口県火ノ山下灯台~福岡県門司崎灯台を結ぶ線と陸地とによって囲まれた,紀伊水道,大阪湾,播磨灘,備讃瀬戸,備後灘,燧(ひうち)灘,芸予海峡,安芸灘,広島湾,伊予灘,周防灘,別府湾,豊後(ぶんご)水道の水域および外海の響(ひびき)灘の一部を含めている。東西の長さは大阪湾~関門海峡間で450km,南北の幅は20~55km。…

※「瀬戸内海環境保全特別措置法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬戸内海環境保全特別措置法の関連キーワード環境アセスメント

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android