コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火災気象 かさいきしょう

2件 の用語解説(火災気象の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かさいきしょう【火災気象】

火災の発生・延焼に関係する気象。主に湿度と風が関係する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火災気象
かさいきしょう

火災の発生や延焼などにとくに関係する気象をいう。火災にもっとも大きく関係する気象要素は湿度と風とである。湿度は木材の乾燥の度合いと関係がある、数日前からの乾燥を考慮した実効湿度が小さいほど火災の発生件数が多い。また風は延焼に大きく影響する。冬季の太平洋沿岸地方は冬型の気圧配置のときに、日本海側は春に日本海に低気圧が通ってフェーン現象がおこるときに、火災が発生しやすい。
 消防法の規定により、気象の状況が火災の予防上危険と認められるときに、気象庁から都道府県知事に対して行われる通報を火災気象通報といい、市町村長が行う火災警報の発令の支援を目的としている。通報基準は、担当する気象台等と都道府県の協議で、実効湿度、風速などをもとに定められている。[安藤隆夫・饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone