火酒(読み)ひのさけ

精選版 日本国語大辞典「火酒」の解説

ひ‐の‐さけ【火酒】

〘名〙
アルコール分が多く、火をつけると燃えるほど強い酒。火酒(かしゅ)
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉朱の伴奏・謀叛「さあれ、いま、オロンの、くるしみの、刺すがごと火の酒の、その絃のいたみ泣く」
② 特に、肥前国(佐賀県・長崎県)産の火酒(かしゅ)。〔本朝食鑑(1697)〕

か‐しゅ クヮ‥【火酒】

〘名〙 アルコール分が多く、火をつけると燃えるほど強い酒。ウオッカウイスキー、ジンなど蒸留酒の類。
※医案類語(1774)一一「忌白蘿蔔火酒(〈注〉シャウチュ)房事ヲ
※つゆのあとさき(1931)〈永井荷風〉九「角壜の火酒を取りおろして湯呑につぎ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火酒の言及

【カシャッサ】より

…正称はアグアルデンテ・デ・カーナ・デ・アスーカル。ピンガpingaともいい,日本では火酒とも書く。16世紀以来ブラジルの社会形成に最も力のあった砂糖産業の副産物として生産され,階層を超えて親しまれてきたこの酒は,ブラジルの国民酒であり,数々の民謡・民話等で民俗的インスピレーションの源泉となっている。…

※「火酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android