コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪宗門 ジャシュウモン

7件 の用語解説(邪宗門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃしゅう‐もん【邪宗門】

邪宗2」に同じ。
[補説]書名別項。→邪宗門

じゃしゅうもん【邪宗門】[書名]

北原白秋の第1詩集。明治42年(1909)刊。官能的で異国情緒にあふれた象徴詩を収める。
芥川竜之介の未完の小説。大正7年(1918)発表。「地獄変」の後日談。
高橋和巳長編小説新興宗教団体への思想弾圧と、急進化した教団の末路を描く。昭和40年(1965)から翌年にかけて「朝日ジャーナル」誌に発表。単行本は昭和41年(1966)刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

邪宗門【じゃしゅうもん】

北原白秋の処女詩集。1909年刊。長崎,天草旅行後約3年間の詩およそ120編を収める。上田敏蒲原有明の影響が著しく,感覚の解放,官能への陶酔を歌い,南蛮異国情調の中に象徴詩を目ざした詩集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゃしゅうもん【邪宗門】

北原白秋の第1詩集。1909年(明治42),易風社刊。1906年から08年にかけての作品121編を収録。〈例言〉に〈予が象徴詩は情緒の諧楽と感覚の印象とを主とす〉とあるとおり,上田敏訳の《海潮音》や,薄田泣菫蒲原有明などの象徴詩の系譜に連なるものであり,異国情緒や世紀末的な感覚・官能をはなやかに歌って独特の耽美的な詩風を打ちたてた。新詩社同人たちとの長崎・天草地方旅行の成果たるキリシタン趣味を盛った〈南蛮詩〉や,《海潮音》経由のボードレール,ベルレーヌの影響を受けた作が見られるが,総じて外光の中の濃艶な官能と幻想の世界で,白秋後半生の純日本的・古典的な詩風とは著しい対照をなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゃしゅうもん【邪宗門】

邪宗 」に同じ。

じゃしゅうもん【邪宗門】

詩集。北原白秋作。1909年(明治42)刊。異国情緒や官能を主調とする象徴詩を収録。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邪宗門
じゃしゅうもん

北原白秋の第一詩集。1909年(明治42)3月易風社刊。「魔睡、朱の伴奏、外光と印象、天草(あまくさ)雅歌、青き花、古酒」の6章、119編からなる。1908年の最新作を冒頭の章とし、1906年の作の古い詩編を末尾に置く構成。「例言」には「予が象徴詩は情緒の諧楽(かいらく)と感覚の印象とを主とす」「予が幻覚には自ら真に感じたる官能の根柢(こんてい)あり」と象徴的手法の内実を示している。「われは思ふ、末世(まつせ)の邪宗(じゃしゅう)、切支丹(きりしたん)でうすの魔法(まはふ)。/黒船(くろふね)の加比丹(かひたん)を、紅毛(こうまう)の不可思議国(ふかしぎこく)を、/色赤(いろあか)きびいどろを、匂鋭(にほひと)きあんじやべいいる、/南蛮(なんばん)の桟留縞(さんとめじま)を、はた、阿剌吉(あらき)、珍(ちんた)の酒を。」と始まる冒頭詩「邪宗門秘曲」は、南蛮渡来の文化、事物にかかわる外来語の名称が幻惑的な世界を浮かび上がらせる。「天草雅歌」と「青き花」は新詩社同人によって行われた天草旅行(1907年)と南紀旅行(1906年)の記念作である。上田敏(びん)訳『海潮音』により親しんだボードレール、ベルレーヌの象徴詩や蒲原有明(かんばらありあけ)、薄田泣菫(すすきだきゅうきん)の詩に刺激を受けながら、〈邪宗門新派体〉という独自の象徴的手法を生み出した。初版の石井柏亭(はくてい)の装幀(そうてい)、挿画は「不可思議にして一種荘厳なる怪しさ」(「三版例言」)により『邪宗門』の世界とみごとに交響している。[阿毛久芳]
『『日本近代文学大系28 北原白秋集』(1970・角川書店) ▽河村政敏著『北原白秋の世界――その世紀末的詩境の考察』(1997・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の邪宗門の言及

【詩】より

…川路柳虹の口語自由詩の試作が発表されたのは1907年だが,口語自由詩の芸術的熟成にはなお多くの曲折があった。明星派から出た北原白秋,木下杢太郎は,与謝野寛らと九州の南蛮遺跡をめぐり,その収穫が異国情緒と官能性を合体させた白秋の《邪宗門》(1909)に結実した。同年三木露風が《廃園》を出し,白露時代と並称された。…

※「邪宗門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

邪宗門の関連キーワード桐の花山本太郎柳川三木卓岡崎清一郎海達公子北原菊子北原鉄雄鈴木英夫まど みちお

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

邪宗門の関連情報