コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炎症性腸疾患 エンショウセイチョウシッカン

デジタル大辞泉の解説

えんしょうせい‐ちょうしっかん〔エンシヤウセイチヤウシツクワン〕【炎症性腸疾患】

腸管に繰り返し炎症を起こす難病の総称。長期間にわたって下痢や血便が続く。潰瘍性大腸炎クローン病・腸管ベーチェット病など。原因は不明で根治的治療法は確立されていない。IBD(inflammatory bowel disease)。
[補説]潰瘍性大腸炎・クローン病・腸管ベーチェット病は厚生労働省の特定疾患に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炎症性腸疾患
えんしょうせいちょうしっかん
inflammatory bowel disease

クローン病と潰瘍(かいよう)性大腸炎の総称。略称IBD。クローン病は消化管のどの部位にもみられるが、とくに腸に生じたときにこれと潰瘍性大腸炎との鑑別が容易でなかったことから使われるようになった表現とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

炎症性腸疾患の関連キーワード原発性硬化性胆管炎(PSC)エレメンタル・ダイエット食道、胃、腸のおもな症状タイトジャンクションたんぱく漏出性胃腸症直腸粘膜脱症候群多因子遺伝疾患人工肛門の知識北川悦吏子やせすぎ慢性腸炎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炎症性腸疾患の関連情報