為子(読み)ためこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為子
ためこ

[生]建長3(1251)?
[没]元応2(1320)頃
鎌倉時代後期の女流歌人。父は藤原為教,母は三善雅衡の娘。京極為兼は弟。権中納言,藤大納言典侍と呼ばれた時期もある。後嵯峨院の中宮大宮院,伏見,花園両天皇に仕えた。花園天皇の乳母。正和3 (1314) 年従二位。為兼とともに祖父為家の教えを受け,阿仏尼とも親交があった。京極派歌人の中心的存在で,『十五夜歌合』 (1297) ,『仙洞五十番歌合』 (1303) ,『嘉元百首』 (03) ,『伏見院三十首』 (03) などに参加。家集『藤大納言典侍集』,勅撰集には『続拾遺集』以下に 126首入集。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android