コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為子 ためこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為子
ためこ

[生]建長3(1251)?
[没]元応2(1320)頃
鎌倉時代後期の女流歌人。父は藤原為教,母は三善雅衡の娘。京極為兼は弟。権中納言,藤大納言典侍と呼ばれた時期もある。後嵯峨院の中宮大宮院,伏見,花園両天皇に仕えた。花園天皇の乳母。正和3 (1314) 年従二位。為兼とともに祖父為家の教えを受け,阿仏尼とも親交があった。京極派歌人の中心的存在で,『十五夜歌合』 (1297) ,『仙洞五十番歌合』 (1303) ,『嘉元百首』 (03) ,『伏見院三十首』 (03) などに参加。家集『藤大納言典侍集』,勅撰集には『続拾遺集』以下に 126首入集。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

為子の関連キーワード宗良親王(むねながしんのう)尊良親王(たかながしんのう)後嵯峨院大納言典侍夢をかなえるゾウ藤原為子(1)有為エンジェル藤原為子(2)玉葉和歌集瓊子内親王欣子内親王為子内親王1月19日明日の記憶風雅和歌集勧子内親王加登有為子吉屋 信子京極為教堺 利彦屋代弘賢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android