コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為子 ためこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為子
ためこ

[生]建長3(1251)?
[没]元応2(1320)頃
鎌倉時代後期の女流歌人。父は藤原為教,母は三善雅衡の娘。京極為兼は弟。権中納言,藤大納言典侍と呼ばれた時期もある。後嵯峨院の中宮大宮院,伏見,花園両天皇に仕えた。花園天皇の乳母。正和3 (1314) 年従二位。為兼とともに祖父為家の教えを受け,阿仏尼とも親交があった。京極派歌人の中心的存在で,『十五夜歌合』 (1297) ,『仙洞五十番歌合』 (1303) ,『嘉元百首』 (03) ,『伏見院三十首』 (03) などに参加。家集『藤大納言典侍集』,勅撰集には『続拾遺集』以下に 126首入集。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

為子の関連キーワード尊良親王(たかながしんのう)宗良親王(むねながしんのう)後嵯峨院大納言典侍夢をかなえるゾウ藤原為子(1)藤原為子(2)有為エンジェル瓊子内親王玉葉和歌集欣子内親王為子内親王明日の記憶加登有為子吉屋 信子風雅和歌集1月19日勧子内親王京極為教堺 利彦屋代弘賢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

為子の関連情報