コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為永春友 ためなが しゅんゆう

1件 の用語解説(為永春友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為永春友 ためなが-しゅんゆう

1825-1898 江戸後期-明治時代の戯作(げさく)者,俳人。
文政8年生まれ。初代為永春水の門人。天保(てんぽう)11年人情本「春色鶯(しゅんしょくうぐいす)日記」を刊行。晩年は笠島庵春友の号で俳人として活動した。明治31年6月25日死去。74歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。本姓は北野。通称は恒三郎。別号に笑訓亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

為永春友の関連キーワード渋谷国安阿部重道金丸惣八昇斎一景関直吉寺井種清寺倉古史服部善七広瀬曲巷劉冷窓