コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為永春友 ためなが しゅんゆう

1件 の用語解説(為永春友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為永春友 ためなが-しゅんゆう

1825-1898 江戸後期-明治時代の戯作(げさく)者,俳人。
文政8年生まれ。初代為永春水の門人。天保(てんぽう)11年人情本「春色鶯(しゅんしょくうぐいす)日記」を刊行。晩年は笠島庵春友の号で俳人として活動した。明治31年6月25日死去。74歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。本姓は北野。通称は恒三郎。別号に笑訓亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

為永春友の関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧社会小説バラッド野口幽谷マイヤーアメリカ音楽

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone