コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為永春水(初代) ためなが しゅんすい

1件 の用語解説(為永春水(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為永春水(初代) ためなが-しゅんすい

1790-1844* 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政2年生まれ。本屋,講釈師などを業とし,式亭三馬,初代柳亭種彦らに師事する。天保(てんぽう)3年「春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」で人気作家となり,みずから江戸人情本の元祖と称したが,13年天保の改革で,作品が風俗をみだすとして罰せられた。天保14年12月22日死去。54歳。江戸出身。本姓は鷦鷯(ささき)(佐々木)。名は貞高。通称は越前屋長次郎。別号に振鷺亭(2代),南仙笑楚満人(2代)など。
【格言など】敵にして強(こわ)くなければ,味方にして頼母(たのも)しからず(「春色辰巳園」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

為永春水(初代)の関連キーワード赤城山人浅野北水華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸昇亭岐山立川銀馬瓢亭百成三熊野文丸立亭京楽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone