コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為永春水(初代) ためなが しゅんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為永春水(初代) ためなが-しゅんすい

1790-1844* 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政2年生まれ。本屋,講釈師などを業とし,式亭三馬,初代柳亭種彦らに師事する。天保(てんぽう)3年「春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」で人気作家となり,みずから江戸人情本の元祖と称したが,13年天保の改革で,作品が風俗をみだすとして罰せられた。天保14年12月22日死去。54歳。江戸出身。本姓は鷦鷯(ささき)(佐々木)。名は貞高。通称は越前屋長次郎。別号に振鷺亭(2代),南仙笑楚満人(2代)など。
【格言など】敵にして強(こわ)くなければ,味方にして頼母(たのも)しからず(「春色辰巳園」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

為永春水(初代)の関連キーワード振鷺亭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android