焙茶(読み)ほうじちゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焙茶
ほうじちゃ

番茶,または煎茶の大型のものを焙じてつくった茶。強い加熱処理のため特有の香気があり,渋成分のカテキンも熱変化しているので味も軽くなって,煎茶,玉露などとは異なった味質の茶として愛好者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうじ‐ちゃ ハウじ‥【焙茶】

〘名〙 番茶の一種。上質でない茶の葉と茎をまぜて、火に強くあぶって作ったもの。
※津軽の野づら(1935)〈深田久彌〉チヤシヌマ「召し上りものは、ほうじ茶に、お菓子は巣ごもりに青涼だけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報