コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無価 ムカ

デジタル大辞泉の解説

む‐か【無価】

値をはかることができないほど貴重なこと。むげ。「何物にも替えがたい無価の家宝」
代価を必要としないこと。ただであること。
「襤褸(ぼろ)を高く売って新しい反物を―で貰(もら)いたがるような」〈魯庵社会百面相

む‐げ【無価】

仏語。値のつけられないほどの高い価値があること。貴重なこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むか【無価】

むげ(無価)」に同じ。
代価がないこと。ただであること。 「 -で貰ひたがる/社会百面相 魯庵

むげ【無価】

〘仏〙 値のつけられないほど貴重なこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無価の関連キーワード平和奥田をめぐる特別背任事件リーン・スタートアップ大うつ病エピソード自衛隊イラク派遣新株引受権付社債フォキュリデスコノテーション繋驢橛・繫驢橛浪漫的イロニーヨウィニアヌス補償(法律)店頭管理銘柄児戯に等しいニヒリズム村松 正俊ワラント債木材腐朽菌そううつ病キルヒマンずり混入率

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android