コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無印 ムジルシ

デジタル大辞泉の解説

む‐じるし【無印】

しるしがついていないこと。
《予想表に何のしるしもないところから》入賞する見込みのない競馬・競輪の馬や選手。「無印の馬が来て大穴となる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むじるし【無印】

しるしのないこと。
競輪・競馬などの予想表で、なんのしるしもついていないこと。勝つ見込みの少ない選手や馬。 「 -の馬が優勝する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無印の関連情報