コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無心所着 ムシンショジャク

3件 の用語解説(無心所着の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むしん‐しょじゃく〔‐シヨヂヤク〕【無心所着】

和歌で、一句一句関連のないことをいい、まとまった意味をなさない歌。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むしんしょぢゃく【無心所着】

和歌,連歌,俳諧の用語。心の着く所がない意。《万葉集》巻十六に〈無心所着歌二首〉として見える〈吾妹子(わぎもこ)が額に生ふる双六(すぐろく)の牡牛(こといのうし)の鞍の上の瘡(かさ)〉ほか1首が初見。各句は連想によってつながるが,全体としては意味をなさない歌。中世の歌論では〈歌病(かへい)〉とされ,順徳院の《八雲御抄(やくもみしよう)》に〈たゞすゞろ事也〉,また〈大かたはざれよめる事やらむ〉などとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むしんしょじゃく【無心所着】

和歌で、一句一句別のことを詠み、全体として意味をなさない歌。「わが背子が犢鼻たふさきにする円石つぶれいしの吉野の山に氷魚そ懸さがれる/万葉集 3839」の類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無心所着の関連キーワード手足を措く所なし付句俳諧歳時記俳諧式目俳諧の連歌連俳言捨て選ぶ所がない俳諧連歌天水抄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone