コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧歌 ハイカイウタ

デジタル大辞泉の解説

はいかい‐うた【俳諧歌】

はいかいか(俳諧歌)

はいかい‐か【俳諧歌】

和歌の一体。用語または内容にこっけい味のある歌。古今集巻19に多くみえる。ざれごとうた。はいかいうた。→狂歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいか【俳諧歌】

俳諧的つまり滑稽(こつけい)な性質をもつ和歌のこと。《古今集》巻十九に〈誹諧歌〉の部立(ぶだて)があって58首を収めるのが名称の始まりであるが,中国の詩に用いられた用語に由来する。滑稽な歌はすでに《万葉集》巻十六にも戯笑歌,嗤笑歌(ししようか)などがあり,その系統に属する歌である。《古今集》の〈梅の花見にこそ来つれのひとくひとくと厭(いと)ひしも居る〉は梅の花(女)と鶯(男)とが会っているところへ第三者がやってきたのを鶯が〈人来(ひとく)人来(ひとく)〉と鳴いて厭うという趣向であり,〈山吹の花色衣主(ぬし)や誰問へど答へずくちなしにして〉は山吹色の衣の持主を問うが答えない,クチナシ色(黄色)の口無しなので,と懸詞(かけことば)の興味を骨子としたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかいか【俳諧歌】

和歌の一体。滑稽味を帯びた和歌。古今集巻一九に「誹諧歌」として多数が収録されて以来、勅撰集にしばしば取り上げられた。はいかいうた。
狂歌の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の俳諧歌の言及

【鹿都部真顔】より

…本名は北川嘉兵衛。別号は狂歌堂,四方歌垣(よものうたがき),俳諧歌場。数寄屋橋外の汁粉屋で,はじめは恋川好町(すきまち)の名で黄表紙作者。…

【俳諧】より

…漢詩,和歌,連歌,俳諧等の用語。〈誹諧〉とも書くが,〈俳諧〉のほうが一般的である。俳諧はもと中国で滑稽とほぼ同じ意味に用いられた言葉で,機知的言辞が即興的にとめどもなく口をついて出てくることをいう。現在残っている作品はそう多くはないが,中国の詩に詼諧体,俳諧体というのがあった。日本文学で俳諧(誹諧)という言葉が用いられるようになったのは10世紀初頭のころからで,《古今和歌集》巻十九〈雑体〉の部に〈秋の野になまめきたてる女郎花あなかしがまし花もひと時〉(僧正遍昭)以下58首の〈誹諧歌〉が収められている。…

※「俳諧歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

俳諧歌の関連キーワード牧亭駒人(初代)国字垣歌志久弥生庵雛丸俳諧・誹諧狂歌堂島人鹿都部真顔四方真顔村井白扇戯れ言歌桂園一枝石川雅望勅撰集戯れ歌戯け歌雑体俳諧本歌長歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android