コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無為替輸出入 むがわせゆしゅつにゅう

大辞林 第三版の解説

むがわせゆしゅつにゅう【無為替輸出入】

為替による決済を伴わない輸出と輸入。商品見本・贈与品・救援品など無償の輸出入。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無為替輸出入
むかわせゆしゅつにゅう

為替を取り組まずに貨物を輸出することを無為替輸出、荷為替を伴わずに貨物を輸入することを無為替輸入という。無為替輸出は、(1)輸出代金が先方からの送金による場合、(2)銀行に輸出代金の取立てを依頼する場合、(3)クレームの処理のために代替品を輸出する場合、(4)代理店の手数料を代替貨物で送付する場合のように、なんらかの形で決済の伴うものと、(5)贈り物、引っ越し荷物、救恤(きゅうじゅつ)品、アフター・サービスなどの無償の無為替輸出とがある。なお、わが国の輸出決済方法の規制は1980年(昭和55)12月の輸出貿易管理令の一部改正により大幅に緩和され、その後も随時、決済規制の緩和が行われ、86年3月現在、代金後払いと無為替輸出について船積み日後2年未満の期間に代金を受領する方法であれば、原則として輸出の承認を要しなくなった。
 また無為替輸入には、(1)試験研究用貨物、商品見本、贈与品などで、無償のもの、(2)クレームの結果、無償で輸入される代替品、(3)外貨債権等を引き当てとして輸入される貨物、(4)すでに適法に決済ずみで輸入される貨物、(5)委託加工貿易契約に基づいて輸入される貨物などがある。しかし、輸入割当品目に該当する貨物(輸入貿易管理令第9条に規定)を輸入する場合は、たとえ無為替輸入であっても、輸入発表に基づいて輸入割当てを取得する必要がある。[鳥谷剛三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無為替輸出入の関連キーワード輸出入無償

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android