コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無隠元晦 むいん げんかい

2件 の用語解説(無隠元晦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無隠元晦 むいん-げんかい

?-1358 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。元(げん)(中国)にわたり,中峰明本(みょうほん)の法をつぐ。16年をへて嘉暦(かりゃく)元年(1326)帰国。大友氏泰にまねかれて筑前(ちくぜん)(福岡県)顕孝寺,聖福寺にはいり,のち京都建仁寺,南禅寺の住持となった。延文3=正平(しょうへい)13年10月17日死去。豊前(ぶぜん)田川郡(福岡県)出身。諡号(しごう)は法雲普済禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

無隠元晦

没年:延文3/正平13.10.17(1358.11.18)
生年:生年不詳
南北朝の臨済宗幻住派の僧。豊前(福岡県)の人。出家ののち,復庵宗己らと共に延慶年間(1308~11)に入元し,天目山の中峰明本に参じてその法を嗣ぐ。中峰が幻住庵に住したことから,その派下を「幻住派」と呼ぶ。嘉暦1(1326)年来日する清拙正澄に従って,古先印元らと共に帰国し,建仁寺(京都)に住した清拙の接化を助ける。その後,大友直庵の招きで筑紫(福岡県)顕孝寺へ入る。次いで博多聖福寺に移り,また円覚寺,建長寺(いずれも鎌倉),建仁寺,南禅寺(京都)に歴住する。壱岐(長崎県)海印寺(安国寺)1世となり,晩年は豊前に帰り,福智寺で示寂した。法雲普済禅師と諡される。

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無隠元晦の関連キーワード正韵摂応晋恒福島慶道活山玄旭抜隊得勝済家遠渓祖雄大拙祖能白崖宝生無文元選

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone