コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照什 しょうじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照什 しょうじゅう

1663-1736 江戸時代前期-中期の僧。
寛文3年生まれ。佐々木忠綱の子。真言宗。京都大通寺の義洞に師事し,諸国を遊歴ののち大通寺の住持となる。六孫王神社の復興に尽力し,東山天皇から紫衣(しえ)をおくられた。元文元年10月13日死去。74歳。石見(いわみ)(島根県)出身。字(あざな)は南谷。号は幻華。著作に「楷書千字文」「克己銘」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照什の関連キーワード元文ファン=フリート紀海音霊元天皇モリエール日本の医学史(年表)オイゲン[サボイ公]オーストリア国立図書館ベルベデーレ宮殿オイゲン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android