照屋 敏子(読み)テルヤ トシコ

20世紀日本人名事典の解説

照屋 敏子
テルヤ トシコ

昭和期の実業家



生年
大正4(1915)年9月11日

没年
昭和59(1984)年4月4日

出生地
沖縄県糸満市

学歴〔年〕
南洋実業専門学校(サイパン)卒

経歴
両親と死別、昭和25年南洋に渡り、サイパン島の南洋実業専門学校を出て貿易会社に勤め、後独立して商売、当時の金で6000円を貯めた。10年小学校の恩師と結婚。戦後夫と死別、32年に南方漁業を手がけたが失敗、東南アジア諸国との貿易で、ワニ皮製品、サンゴ、宝石などを販売。さらに糸満市の海岸40万平方メートルを埋め立て、ウナギ、エビ、ハマチクロダイの養殖、ブドウ、メロン、マンゴーなどの栽培をした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

照屋 敏子 (てるや としこ)

生年月日:1915年9月11日
昭和時代の実業家
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android