コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照玄 しょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照玄 しょうげん

1301-1358 鎌倉-南北朝時代の僧。
正安(しょうあん)3年生まれ。華厳(けごん)宗。東大寺戒壇院の本無,俊才戒律をまなび,さらに瑜伽(ゆが)・華厳もおさめる。東大寺伽藍(がらん)修理の大勧進(だいかんじん)となり,のち鎌倉極楽寺,京都大通寺の住持をつとめた。延文3=正平(しょうへい)13年6月5日死去。58歳。字(あざな)は覚行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

照玄の関連キーワード南北朝時代智灯照玄正為昭慧正安

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android