瑜伽(読み)ゆが

精選版 日本国語大辞典「瑜伽」の解説

ゆが【瑜伽】

〘名〙 (yoga の音訳、「相応」と訳す) 仏語。呼吸を調えるなどの方法によって心を統一し、より高い地に入ろうとする修行法。心の統一修行により絶対者と合一することで、密教では修行者の身口意と仏の身口意が合致すること。いわゆるヨガと本質的には同じものである。
※性霊集‐一〇(1079)十喩詩・詠陽燄喩「瑜伽境界特奇異、法界炎光自相暉」
※源平盛衰記(14C前)七「五白六義の趣は、五輪六丈の瑜伽(ユカ)を顕す」 〔唯識述記‐二本〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android