煮売船・煎売船(読み)にうりぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 廻船の出入の多い港湾や乗合船などの通行の頻繁な河川で、船中の乗客・船員を相手に飲食物を売り回る船。通常小伝馬船に二人乗り、船内にかまどを設け、餠、芋、でんがく、くだものなどの食物や酒を売る。俗にうろうろ船、商い船ともいう。煮売茶船。→くらわんかぶね
※絵本御伽品鏡(1730)「煮売舟(ニウリぶね) 掉来(さしく)るは塩かげんよき煮売舟銭取かぢが春の海づら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android